2017年9月17日日曜日

AITLABOグレードアップ・コンデンサの200時間エージング完了!

エージングの仕方は色々あるでしょうが、DAC部分だけに信号を流せばよいのでパワーアンプは切り音は出さないやり方で、送り出し機器はN1Z・プリのボリュームは通常聴く位置より多め、音量で言うと100㏈程度の電圧をかけたまま100曲ほどのプレイリストを作りリピート再生、これを4日間と4時間経過したら一晩電源を落とし休ませ更に4日間と4時間 信号を流しっぱなしにした。始めはヴォーカルものから順次音数の多い曲・ダイナミックレンジの多いもの・パルス系の多い曲最後2日間はDSDの曲を流し、コンデンサ内のミクロ単位の穴?の自己修復を促すイメージで、AITLABOのDAC出力段のコンデンサとオペアンプ、グレードアップでのエージング完了。

しかし、
9038PRO・DACも新品からのエージングは100時間で落ち着いたのに、コンデンサ4個とオペアンプ2個だけなのに、なぜに倍の時間かかるんだろう?

100時間経過以後も高域が滑らかになったかと思えば刺激的になったり、中域の見通しが晴れたかと思いきや曇ったり、低域のスピードとキレが上がったり下がったりと変化する。やっと落ち着いてきたのは180時間を過ぎたころ。

結果は、あくまで私個人の主観からパーセンテージで表すと5%程のアップ率ですが、
音力が上がり立体感が増し・中域がほぐれ・高域が更に滑らか・倍音成分が上空および空間に舞う様子も明確なりました。
今回のグレードアップ費用は1万5千円!!
オーディオでこのくらいの経費で、上記のような音質アップを望むのは不可能に等しいことを鑑みると、非常にお得なグレードアップだと思います。
ちなみにDACが30万円とすると1万5千円は5%ですね(^_-)-☆


さらに・・・音質比較対抗機器として価格帯として近いCHORD最新ポタアンHUGO2と聴き比べしてみました。
さすがにCHOED!!ポータブルとは侮れないほど、情報量も多く力強く前に出てくる元気な良い音してますな~。
ただ、若者向きの音作り音調なのか私にはフイルターを最もソフトに選択しても高域がキツイ! 平板ではないが比べると深みが無く平板な印象で高域の倍音が少ない。HUGO2はDSD再生はDoPモードなのでASIOモード再生のアドバンテージも大きいAITLABOに軍配を上げる。

2017年9月7日木曜日

AITLABO DACの電源グレードアップ箇所

電源強化の部分を角田さんに教えていただきました。

赤線がグレードアップしたコンデンサで間にオペアンプがありますが、解るでしょうか?

コンデンサの容量は3.3倍になって、オペアンプは金額で5倍のものになっているそうです。

こちらが以前のコンデンサとオペアンプ部分。

コンデンサは新品なのでエージングは200時間程必要なようです。

エージング時間は見積もりの倍でした。

今は交換部品が新品の状態ですが、それでも以前より音はいい感じなので、期待に胸膨らみますね(^_-)-☆

AITLABO DAC でDSD22.4MHzまで再生出来るようになりました。

メルコシンクレッツ(株)の荒木社長さんには、お盆休み期間中にもかかわらずAITLABOさんとAMANERO社さんへとの調整作業していただき、お陰様でAITLABOのDACでDSD22.4MHzまで再生出来るようになりましたこと感謝いたします。

DSD22.4MHzのファイルは持ってませんので、
まずはジャコ・パトリウスのDSD11.2Mhz。

ipad画面。









DELAの画面。












AITLABO DACの画面。

ちゃんと、再生出来てます。








 今回、電源強化のコンデンサとオペアンプ
を乗せ換えて頂きました。

私は見ても何が変わったのか分かりませんけど、オペアンプは電源部の裏側でコンデンサは見えるものの、何が変わったんでしょう?

同じくUSB基板はUSBケーブル・インレット部分の数字マークは分かるが、見えている部分は何が変わったのか、さっぱり(*''ω''*)

ま!問題は音ですからね。

電源部は最低100時間程がかかるでしょうが、DSD再生は以前のDoP伝送とは明らかに変わりましたよ。
DSD2.8Mhzでさえ、透明感さえ感じるほど見通しが良くなり立体的な音の厚みや深さが格別!!
電源部のバージョンアップも本来の能力がまだ出ていないとはいえ、エージング無しの音出しでさえ以前より少しいい感じがします。 それとDSDからPCM、PCMからDSD再生時のノイズも気にならないレベルになりました。

これから、100時間・信号流しぱなしで電源部のエージングに入ります。
また後程(^^♪


2017年8月28日月曜日

DELAさんより経過報告

DSD11.2MhzをAITLABOのDACで再生出来るかの、経過報告がメルコシンクレッツさんより約束通り来ました。

Combo384AMANEROのファームウエアをバージョンアップすることで、11.2Mhzどころか、22.4MHzまで再生出来ることを確認できたようで、さすがです。

ただ、DACの蓋を開けCOMBO基板に手を加える、ちょっと難しい作業があるそうでAITLABOさんと相談する段階のようで・・・回路音痴の私には何が何だかサッパリ。。。

順調に進むことを祈るだけ<(_ _)>

2017年8月3日木曜日

DSD256(11.2Mhz) をAIT DACで再生出来るか?

今はDSD128(5.6MHz)までは、DELAのNAS N1ZS/2 で再生出来てるAITLABOの9038PROを使ったDACだが、DSD256(11.2Mhz)をDAVEで聴いてしまうと、もう矢も楯もたまらん。

でも・・・どっから手を付けていいものか?
もちろん自分では技量も能力もないので、矛先はNASのDELAとDACを作っているAITLABOとCOM384Amaneroのメーカーなのです。

AITの角田さんには何回かお話しているのですが、ネットワーク・オーディオなんてものは最近のもので、よく内容が伝わってないようでパソコンにASIOドライバー入れればいいじゃないのくらいの理解。AITさんには1年ほど前にDELAから検証の為、実機の貸し出し依頼があったものの、よくわかってない角田さんは、無下に断ったそう(*''ω''*)


しかし当方はパソコン・オーディオではなく、NASとDACをUSB接続してのネット・オーディオなので、再生時にはパソコンは使わないしASIOドライバーなどNASにどうやってインストールするの?? くらいの考えしか思いつかない!

これら三位一体的な調整は、やはりDELAさんしかないということで、問い合わせする。

担当者はメルコシンクレッツ(株)の荒木さんという方で、そういえばNASの下見したとき偶然いて、個人的に説明受けたのが上記会社の社長の荒木氏だった! 丁寧で真摯・控えめな対応は覚えているがその時点でも社長とは知らなかった。
その社長がサポート対応まで直接とは確実で話が早い!!

サポートはメールですが確実・丁寧に翌日には答えてくれ、認識新たにしていただいたAIT角田さんもDAC実機をDELAさんに送ってくれた模様(^_-)-☆

DELAさんからは、8月末までに結果報告あるとの事なので、楽しみです。

2017年8月2日水曜日

200V駆動に関して

よくわかりませんが、電気用品安全法上の絡みで日本では公に100V使用にならざる得ないようです。

したがって誰もが閲覧できる取説などには200Vで使えるとは記載出来ないみたいですし、お勧めも出来ないということですよ。

最低でも生まれた国の電圧で、本来の能力を確認しましょうね(^_-)-☆

違った電圧での評価はお気を付けください。。。

お里が知れます。


2017年7月30日日曜日

DAVEの200V駆動について

230Vの国で生まれた製品を、代理店のタイムロードさんが何をもって日本国内では100V電圧以外は保証範囲外としたのかは休日もあって問い合わせ出来なく未だ意味不明ですが、
おそらくは、ステップアップトランスなんか使われて突入電流等を恐れているのでしょうかね~?

当方は正式な単相200Vを分電盤内で200V専用ブレーカーで作り、そこから機器に直結して実際10年程使ってますが、大音量で一日中通電したとしても息切れの突入電流や電圧変動はオーディオ機器レベルの電力使用では皆無です。(送り出し機器はCDPL以外プリアンプまですべて200V駆動)

100V電源以外は保証外の件は、キャビン大阪屋さんにも問い合わせましたが、200Vで聴いてて下さいとのこと・・・さすが腹が太いですなぁ(^^♪
こんなんでオタオタしてたら、怖くて試聴用に機器の貸し出しなんて出来なくなるでしょしオーディオ・ショップなんてやってられないでしょうね。

以前、同じ電圧の国イギリス製品のリンのアナログプレーヤーも200V駆動の件についてリンに問い合わせしたことがあります。
その時もお勧めはしませんという答えでした。。。(アナログプレーヤーも200Vで豹変したのに?)
なぜ?本来の性能を発揮できる電圧駆動に消極的なのでしょうか???

CHORD DAVEも200V駆動の音と100V駆動では、例えるとワルツ・フォー・デビーテイク1を聴くと会場のノイズが聞き取れますね? そのノイズが200Vでは音楽から分離して浮いてしまうのに対して100Vでは音楽に重なってしまうくらい次元が変わっちゃう。
DSD256は再生出来るし100Vでも十分以上に良いのだが、ホット対クール的に音傾向は違うにせよ現在使用のAITLABO DACと同レベルなのはCPから考えて購入は難しいですなぁ。

タイムロードさん、ご検討ください。

takeotさんにも聴いてもらったことだし、13時間聴かせていただいて試聴機は先ほど返してきました。それにしても、stereo sound Hi-RES chesk DiscのSummertime DSD11.2Mhz
は、アナログを超えたとは言いませんが、生音のような臨場感と迫力!酒が飲みたくなってしまいました(^^♪ 素晴らしかった。 AITさんDSD256再生出来るように作ってくださいませ<(_ _)>